公債のことと金融復興などについて勉強した

公債について学校しました。国や自治体は、歳出を税で扱うことができない都合、公債(国債・住所債)を発行して不足する費用を補うことになります。ただし、日本では公債の給与が間もなく財政の硬化化をまねいたり、将来の年頃に苦しい負担を強いる原因となることなどから、財政法(1947歳)によって公債の給与を酷く制限してきました。公債は、国会の議決でパブリック課題費、貸し出し富および貸し付け富の財源に割振るために公債の給与を認めていらっしゃる。そして、財政復活などについて学校しました。1965歳のデフレをきっかけに建設公債が発行されるようになり、もう一度第1次石油リスキー後の1975歳からは、年度ごとに除外法による除外公債(損害国債)も発行されるようになりました。そして、税実入りが伸び悩む中で公債信頼ごとは徐々に高まりました。1980時に入り、財政復活のための圧縮財政がおこなわれ、1980時後半の好況(バブル景気)によって財政が一時改善しました。知らないことがあったので、勉強になりました。http://xn—-1euj1a3dvkke883y94wa.xyz